脱げない靴下で犬の足を守る 「なりきりペッツシリーズ」をイチオシする理由

ベルトのない布製のものやシリコン製の靴下は歩いているうちにわんこの足からすぽんと脱げてしまうという様子

うちの愛犬ぺたり(仮名)は、譲り受けた当時は皮膚の疾患がひどく、それは足の肉球にまで及んでいた。
今はだいぶよくなったものの、名残りとして肉球付近にかさぶたのようなものがある。
散歩でアスファルトのような固い場所を歩くと、そのかさぶたのようなものが剥がれて出血する。
どげんかせんといかんと靴下を買って履かせるが、いかんせんフィットするものがなかなかない。
すぐに脱げてしまうものがほとんどだった。

今のベストはクリエイティブヨーコの商品

過程を省いて結論だけ言うと、現在のお気に入りは、クリエイティブヨーコのブランドであるペットパラダイスの「なりきりペッツシリーズ」だ。
ハチさん」「スヌーピー」「苺柄」の3種類デザインがある。


【Amazon.co.jp】ペットパラダイス なりきりペッツ スヌーピー

この商品のおかげでぺたりはアスファルトを駆けまわっても出血することがなくなった。
ただ、課題点もある。
要所を絞って説明しよう。

良点1.フィットして脱げない

なんとしても一番のポイントは「脱げない」ことだ。
具体的な商品名は控えるが、すべてが布やシリコンで作られたものは、歩くとたちまち脱げてしまった。

「なりきりペッツ」は脱げない。なぜか。

1つは「かかとの上でベルトが留められること」。
マジックテープで留めるタイプのベルトが靴下の上部についている。
これによってかかとの上で留めることができ、また、かかとでひっかかることで脱げなくなる。

なりきりペッツシリーズの靴下はかかとでひっかりベルトでしっかりとめられてかわいく愛犬の足を守る良品

もう1つの理由は「ベルトを留める部分が布で柔らかいこと」。

これが固い素材だとフィットせずにかかとでひっかからず、脱げてしまう。
シリコン製のものはベルトで締めてもフィットせずに脱げてしまった。

注意点としては、わんこのジャストサイズを選ぶことが挙げられる。
ぺたりは前足が後ろ足より1周りか2周り大きい。
前足に合わせて買ったところ、後ろ足に履かせた靴下がブカブカで布の部分が引きずられ、一瞬でボロボロになってしまった。

良点2.足裏を蒸らさず守ってくれる

写真の通り、足先のゴム部分がしっかり足裏を守ってくれる。
他の靴下でも守ってくれるのだが、特にシリコン製のものだと蒸れてしまい、散歩終わりに脱がすと湿気で足裏がべちゃべちゃになってしまっていた。

ぺたりの皮膚疾患に湿気は大敵なので、あまりよろしくない。
そもそも蒸れると臭くなるのでよろしくなかった。

良点3.履かせやすい

おそらく犬種によって違ってくるとは思うが、ぺたりに限って言えば、比較的するっと履かせることができる。

シリコン製は履かせるのに手間取った。
つま先まで履かせたと思っても、一歩歩くとずれる。
また苦労して履かせても歩けばずれるという繰り返し。
このイライラから解放された。

良点4.かわいい

これまた写真の通り、デザインがかわいい。
なぜスヌーピーだけキャラものなのかはわからないが、とにかくかわいい。

ちなみに楽天にはよくわからないFGと書かれたデザインの商品ページが存在した。
ペットパラダイスの通販サイトにはスヌーピーとハチさんしか置いていないので生産終了な匂いがする。


【Amazon.co.jp】ペットパラダイス なりきりペッツ ハチさん

スヌーピーデザインではスヌーピーの耳が、ハチさんデザインはハチさんの羽が歩くたびにひょこひょこする。
これを履いたぺたりは超天使級に可愛くなる。

課題点1.破れやすい

一方で、布の宿命で破れやすいというデメリットがある。
いくらフィットするとはいえ、多少のずれが起き、布が地面に擦れて穴が開いてしまう。

実はぺたりが今履いているのは2代目で、それも1度穴が空いたのを直したもの。
厳密にいえば、後ろ足にしか履かせていないので、4ペア目が死にかかっているということだ。

課題点2.汚れやすい

これも布製品の宿命だが、アスファルトでも土の上でもひとたび歩けば汚れてしまう。
防汚性はシリコン製のものに軍配が上がる。

リピートはするけど商品改良してほしい

穴の開いた部分を縫って直すのには限界があるので、数か月に1度のペースで買い替えが必要になる。
現状、私はこれを良しとしている。
だって他にいい商品がないから。

ゴムの部分がもう少し広めなら破れにくくもなりそうなので、商品改良はお願いしたい。
ただ、買い替えを促せるので企業側にとっては今のままがいいのかもしれない。


【Amazon.co.jp】ペットパラダイス なりきりペッツ 苺柄

商品改良されなかったら、自分で作るのもいいかもしれない。
ゴム部分をどうやって確保するかが課題になりそうだが、大仰にゴムを使うまでもなく、滑り止め程度でいいのかもしれない。

Amazonや下にあるECサイトでも買えるが、ペットパラダイスは店頭で試着させてくれるので、一度は試着することをオススメしたい。
遠方の人はいちかばちかで買ってみるのもいいだろう。
体重が8kgのぺたりに関しては、少しきついかなと思うくらいのSSサイズでフィットしたという微妙な情報を残しておく。


Scroll Up