『建築学概論』 煮え切らない男の青春白書

コミカルなシーン少なめにしんみり韓国映画を楽しみたい人にオススメなのが『建築学概論』。奥手な青年のもどかしい青春と、その成長後の葛藤が描かれている。

韓国映画は大抵コミカルなシーンを入れてくる印象がある。
私の観た作品がたまたまそうだっただけなのかもしれないが、そういうシーンがあると「安っぽいなあ」と思ってしまう。

建築学概論』は意図したコミカルなシーンがなく、ゆったりとした時間の行き来が心地いい。
しかしその分、眼と耳から入ってきた情報が、そのまま蒸気のように消えてしまったような後味のなさだった。

建築学科に通う大学1年のスンミン(イ・ジェフン)は、“建築学概論”の授業で音楽学科の女子学生ソヨン(スジ)に出会い、一目で恋に落ちた。しかし、恋に奥手なスンミンはなかなか告白できないまま、小さな誤解からソヨンと遠ざかってしまう。それから15年後、建築士になったスンミン(オム・テウン)の前に、ソヨン(ハン・ガイン)が突然...

映画の話

物語は、2人の男女の学生時代と15年後に再会した様子が交互に描かれる。

建築学科のスンミンと音楽学科のソヨンが、どちらも「建築学概論」という講座を受講し、通学路が同じという共通点から仲良くなる。
女子に免疫がなく積極的になれないスンミンと、建築学科の先輩が好きだといいながらスンミンに対して思わせぶりな態度をとるソヨン。
2人の微妙な距離感を羨みながらも、もどかしくする私。

ずっと緩急なく、というかゆるい坂を登るような展開だったので、ぼーっと観ているうちに終わってしまった感がすごい。
というわけで、若かりし頃のスヨンを演じたペ・スジがかわいいという以外、これといった感想ももたなかった。

ところで、スンミンが好きだと言っていた先輩は眼鏡をかけた優男なのだが、韓国では嫌な男のテンプレなんだろうか。
ゴーバック夫婦』や『私のIDはカンナム美人』でも同じような輩がいた。
インテリに対するコンプレックス?

それはさておき、ソヨンが15年後に建て替える家のバルコニーが素敵。
大開口の窓を開けると広がる海岸の景色もいい。

韓国の作品に出てくる大きな家には夢がある。
日本の作品でいいなと思える豪邸を観たことがない気がする。
重視するところではないのかセンスがないのか。
なんでだろ。

▼U-NEXTでも観れます▼
Scroll Up