第1回 勝手に生き残りをかけたブログ投稿サイト選手権

果たしてCi-enには投稿し続けるのか。noteとALISのどちらかに絞られる日は来るのか。noteで大きな反響を得られる日は来るのか。

現在、使用しているブログ投稿サイトは①note、②ALIS、③Ci-enの3つ。
他に独自ドメインのサイトをもっていて、それにも投稿している。

他にも『Pixiv Fanbox』や『Fantasfic』、『ココナラ』、『Monappy』など、いろいろとバラまいて投稿し、反応を確かめていたが、どれもよろしくなかった。

Monappyは反応があるものの、全体の投稿数が少ないせいで、新着リストが私の投稿で埋め尽くされていたたまれなくなり、退会。

最近ブログ投稿ができるようになったかの有名なココナラは、まったくの無反応。
加えて、他所のURLが貼れないというクソみたいな欠陥がストレスに。
主要の販売ややり取りなどのUIも微妙なので、始めた当初の期待も虚しく退会した。

note

今や多くの著名人も参加して、一般人の肩身が狭くなりつつあるnote。
リリースしたころから知ってはいたが、それほど深くはまることはなかった。

時を経て使い始めた感触としては、まずまず。
よくわからない投稿に対してもちらほら反応をくれる人がいる。
アクションなどのカスタマイズも豊富で楽しいし、収益化の期待もある。

でも著名人や面白いコンテンツをあげる人にアクセスが集中している感は否めない。
とりあえず惰性で毎日投稿しているが、ほんと惰性。
現状手ごたえがないので、投稿のモチベーションは下がっている。
おもしろいもの上げりゃいいって話だけど。

ALIS

今のところ投稿していて一番楽しいところ。
無駄な機能がなく、シンプル。
しかしそれがベスト。

やはりnoteと比べると投稿数は少ない。
しかしその分レスポンスが多く、投稿した甲斐を感じさせてくれる。
どんな投稿にも反応してくれるので、少し申し訳ない気持ちにもなる。

ALISという仮想通貨による投げ銭システムもあるので、もらえるとさらにうれしい。
恐らくみんな自分がもらったALISを他の人に投げ銭して言っていると思うのだが、他の人の投稿にアクションすることが小恥ずかしいので未だできていない。
ちなみに日本円に換算すると、合計約10円いただいている。

Ci-en

画像投稿がメインの投稿サイトで唯一残っているところ。
フォローバックが習慣になっているのか、たくさんの方がフォローしてくれて、なおかつよくわからない私の投稿にリアクションをくれる。
ただなんとなく、本文は読まれていない気がする。

現在は3つ残ったが

当初の予定では、複数のサイトの反応を見て、1つか2つに絞ろうとしていた。
今の状況だと次に退会するのはCi-enになるが、ちらほらリアクションをもらえるので残る気もする。

また、今後小説をアップしていくとなると、別の問題が生じてくる。
ブログ投稿サイトではなく、『小説家になろう』のような小説投稿サイトの選別をしなくてはいけない。

まあそれはそのときにやろう。
そもそもアップする小説を書いていけるのかが一番の問題だ。

この勝手に生き残りをかけた私的投稿サイト選手権。

果たしてCi-enには投稿し続けるのか。
noteとALISのどちらかに絞られる日は来るのか。
noteで大きな反響を得られる日は来るのか。

ご期待ください。

ちなみにSNSも含めると、一番エンゲージメント率が高いのはインスタである。

Scroll Up