漫画一覧

NO IMAGE

動物たちの楽園2 アンゴラウサギ

アンゴラウサギの毛皮は高値で取引されることから、野蛮な人間による乱暴な生産方法で量産される。生きたままその毛をむしり取られるアンゴラウサギは、普段聞くことのない断末魔のような叫び声をあげる。悪魔になってでも生きたいのか、理解に苦しむ。

NO IMAGE

動物たちの楽園1 Canned Hunting2

野蛮な人間たちは動物たちを囲い、殺されるためだけに育てる。そこに虚しさはないのか。同じように血が通う動物たちに思うことはないのか。Canned Hunting(キャンド・ハンティング)で利を得るものはすべてもはや人ではない。

NO IMAGE

動物たちの楽園1 Canned Hunting

‟Canned Hunting”というスポーツがある。ライオンなどの大型動物を育て、金を払った客はハンターとなって、放たれた動物たちを銃や凶器で刈る。野蛮な人間が金儲けのために動物を囲い、野蛮な人間が娯楽のために動物を虐殺する。報いを与えなければ、動物たちは浮かばれない。

Scroll Up